タイプから選ぶトイレリフォーム

トイレの交換をおこなう場合、どんなトイレにするのかによってかなりの違いが出てきます。トイレリフォームの大事なポイントになりますが、快適な環境を作るためにも、押さえておかなければいけません。掃除の手間も変われば、かなりの違いが生まれてくるからです。

■既存のタンク型

現在のトイレには、タンク付のほか、タンクレス、手洗い収納一体型などがあります。トイレという機能自体は同じでも、使い勝手はかなり違います。
一般的に使われているのが、タンク付のトイレです。シンプルな構造ですが、タンクがあるだけスペースが狭くなります。水圧の条件といったこともありますが、タンクが目立たないように低く設計されたものもあるため、すっきりとした空間も作れるようになりました。古くからあるタイプですが、暖房便座やウォシュレット付などもあり、選択の幅があるタイプです。

■スタイリッシュなデザインなら

タンクレスは、見た目にもはっきりと違いがわかるタイプです。コンパクトにできるため、スペースを取らずトイレを広くリフォームできます。タンクがないことから水道を直接つなぐため、圧力を利用して洗浄もしやすいのが特徴です。タンクレスではオプションとなるような暖房便座やウォシュレットなども基本的に備え付けられています。水圧が重要要素となるため、事前に利用できるのか確認が必須です。
手洗い収納一体型は、スタイリッシュなデザインを持っています。デザインとしても完成されており、余計な設備をつけずに済むところが特徴です。ただし、あとから変更もしにくくなるため、モデルルームなどでトータル的な確認が必要でしょう。

■まとめ
トイレリフォームの中でも交換は、簡単に決められません。目的をしっかりとまとめ、どんなトイレにしたいのかはっきりさせて選ぶと失敗が減ります。水の使用量にも違いが出ますが、音にも大きな差があるため、環境も考えて選ぶことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ