構造的な制限も出てくるトイレリフォームと費用

トイレリフォームには、いろいろな費用がかかります。予算は限られた中でおこなうため、どこに重点を置くのかも考えなければいけない要素です。総額だけで考えると、大事なことを見落としてしまう場合があるため、本当に必要なことは何か、しっかりとした判断が失敗しないために必要でしょう。

■トイレリフォームの費用は目的を明確に

トイレリフォームの費用要素を見ると、本体、周辺部品、取り付け工事費用、内装工事費用がかかります。この要素ごとに何が必要なのかを考えると、節約しながら希望に近づけます。
費用を考えるうえで、いったいどんな目的でリフォームするのかを検討しなければいけません。バリアフリーにするのか、古くて使い勝手が悪いから新しいものに換えるのかなど、それぞれ目指すところが違います。手すりなどもつけなければいけない場合もありますし、間口を広げるといった方法も必要です。目的が見えてくると、外してはいけないポイントが見えるため、これを軸として予算を考えると失敗が減ります。

■何でもできるわけではない

家の構造によって、トイレリフォームができない場合もあります。マンションが典型例ですが、構造的に変更できない制約がかかるからです。戸建てでも構造的にできない場合があります。間口を広げたくても、柱が絡み出来ない場合もありますし、階段がぶつかるようなケースもあるため、設計を細かく見ていかなければいけません。
現在の構造的な問題だけではなく、建蔽率や容積率の問題から床面積を増やせないケースもあります。水道管の位置によってトイレが移動できない場合もあり、思ったよりも広げられないこともあるため、よく検討していかなければいけません。

■まとめ
トイレリフォームは、納得いくまで検討しておこなう必要があります。いろいろな条件で希望を叶えられないこともありますが、業者に相談することですり合わせできることもあるからです。目的から必要なことをはっきりさせれば、費用を節約することもできます。これも業者によって変わってくるため、しっかりと相談して決めることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ