バリアフリーにするトイレリフォームのポイント

トイレリフォーム目的のひとつに、バリアフリーにする場合があります。バリアフリーにすると、高齢の方でも安心して使えますが、実際にはいろいろと注意しなければいけないポイントが発生します。大幅に変えなければいけないこともあるため、よく検討して決めなければいけません。

■バリアフリーにタンクレス

トイレリフォームによってバリアフリーを目指す場合、トイレ内にできるだけ広いスペースを作り出す必要があります。段差ばかりが目につきますが、そもそも狭いこと自体が使い勝手を悪くするからです。車いすを使うとしても、手すりをつけるとしても、狭いスペースではうまくいきません。逆に体がぶつかって危険なことも出てくるからです。
トイレの交換がカギを握りますが、タンクレスにしてしまう方法がスペースを作れます。タンクがなくなる分だけスペースを確保できるからです。スタイリッシュなデザインにできるところが注目されますが、機能も充実しており手入れの手間も省けます。現在のタンクレスなら、汚れもつきにくくできるため、掃除も簡単です。

■掃除の手間も重要

タンクレストイレは接続部品が少なくなり、シンプルなかたちになるため、トイレ全体の掃除も簡単です。できるだけ凹凸を減らす構造も取られており、バリアフリーとともに使う人の負担を減らせます。特に定期的に自動洗浄する機能も持たせれば、身体の負担は格段に減らせるでしょう。
タンクレスを基準にして、他の部分を考えれば、適切なバリアフリー化が見えてきます。手すりなども使う高さを考え、身体がぶつからない位置を割り出せますし、間口を広げる方法も見えてくるでしょう。

■まとめ
バリアフリーは、大事なことです。将来的な部分でも検討しておくべき要素なのは間違いありません。単純にバリアフリーという言葉だけではなく、本当に使う人に配慮されたトイレで、掃除過度の管理まで負担を減らせるのか、しっかりと検討することで失敗を防げます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ