トイレリフォームのポイント

トイレリフォームのポイント トイレは、毎日使う設備です。どんな人でも、使わない日はありません。毎日使う以上できることならば、快適な環境にしたいのがトイレでしょう。機能的にも優れた環境をそろえたいところです。
トイレリフォームを考えるのも、快適な環境を求めるためです。これまで何の不満がなくても、家族構成の変化などからトイレリフォームの必要も出てきます。リフォームにはかなりの金額も必要になるため、失敗しないようにリフォームの知識を持つことが重要です。トイレ本体の交換も出てくるため、どんな種類があるのか、自分たちの希望に沿ったものは何かを考えておくといいでしょう。

■開口スペースの大きさが重要

トイレは出入りすることを考えなければいけません。リフォームのようなタイミングでしかできませんが、どれぐらいの間口があるのか確認するところから始めます。開口スペースとも呼ばれますが、うまく作り出さなければ、出入りが窮屈になることもあります。介護用にリフォームするときには、車いすなどが入らないといった状況もでてくるからです。扉の設計によっては、トイレのスペースが減ります。引き戸を作れるのか、外開きでなければいけないのか、周囲の設計との兼ね合いも考えなければいけません。
出入りしやすくなれば、トイレの利便性は確実に上昇します。掃除もしやすくなりますし、介護用のリフォームとして手すりをつけるときにも制限が少なくなるため、できるだけ広くとるのがポイントです。

■高機能になっていくトイレ
トイレは年々高機能になってきています。10年前では考えられないような機能も持っているため、交換すると驚くようなこともあるでしょう。ウォシュレットなども当たり前になってきていますが、ヒートショック対策として暖房がついていたり消臭機能も持っている場合もあります。介護用としても有効ですが、自動でふたが開くような機能も出てきました。車いすで入っても、センサーが確認できれば開くため、それだけ負担を減らせます。
女性のいる環境では、トイレと周りの設計によって音が気になることもあるでしょう。使用時の音をかき消すような機能もありますし、流した時の音が小さくなるようなものもあります。洗浄機能として特殊な方法を取っているものもあり、掃除の手間もかなり削減できるため、どんな機能が欲しいのか考えてみることが必要です。

■床材や壁紙の検討

リフォームは、なにもトイレ本体の交換だけではありません。本体の交換と同時に、普段ではできない床材や壁紙の交換もできます。
トイレという環境を考えれば、清潔なのが重要です。床材を変えてみると、消臭防カビ効果を持っているものもありますし、柄によって汚れを目立たなくすることもできます。トイレ内の温度維持にも役立てられることから、細かな検討が必要です。クッション性を高めて安全性も考えておくといいでしょう。壁紙でも同じですが、防水効果を持たせておけば、カビ対策としても有効です。明るい雰囲気を作るためにも床材や壁紙は重要ですので、トイレ本体とともに納得できる選択をすると良いでしょう。

■まとめ
トイレリフォームでは、さまざまなポイントがあります。それぞれいろいろな条件の下で考えていかなければいけませんが、空間を作るという意味で検討していかなければいけません。個別の機能だけではなく、総合的に空間を作ると意識すれば、リフォームの方向性も見えてきます。専門知識も必要ですが、何が必要なのか、どんなことを求めるのかはっきり出しておくと失敗を防げるでしょう。トイレを交換して機能を向上させるだけではありませんので、これから先の生活全体を考えて、安全で快適な環境を作ることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース